家族葬を行う時の注意点とは

main-img

大切な家族が寿命を全うして亡くなった時は残された家族の悲しみは計り知れません。

悲しみの中であっても大切な故人の為にきちんと葬儀を行って送り出してあげたいものです。



ニュースなどで有名人が亡くなった時に、故人の生前の意思を尊重して身内だけで葬儀を済ませたという事をよく聞きます。

今までに培ったノウハウを活かし、ロケットニュース24情報を検索しましょう。

社会事情の変化や価値観の多様化などにより、近年は家族葬を選択する人も増えているのです。家族葬には明確な定義があるわけではありません。

一般的には家族や親せきを中心に故人の親しい人のみが集まって営まれる小規模な葬式の事を示します。


基本的な流れとしては一般の葬式と同じですが、故人をよく知る人のみで小規模に執り行われるために、一人一人の思いを反映しながら、ゆっくりと故人を偲ぶことができる特徴もあります。近年は故人の生前の意思を尊重したり、家族の意向を踏まえて家族葬の形式を取り入れる人は増えています。



家族の思いを込めてしっかりと故人を送り出すことができる方法ではありますが、実際に行う時には注意も必要です。
故人にはその人が歩んだ長い人生があります。家族であってもその全ての時間を把握しているわけではありません。
故人が培ってきた生前の人間関係に意識を持たなかったことで、後々葬式の連絡をもらえなかった人々から咎められる場合もあります。


また家族葬が済んだ後になって、故人を慕い偲ぶ人たちが次々に連絡をよこしてきたり、手を合わせたいと自宅を訪問してくる場合もあります。
故人の生前の行いや人徳の結果がこの様に人々との縁を繋いでいるのですが、その家族は対応に困ってしまう場合も少なくありません。この為にも家族葬を行う際には、そのお知らせ先を慎重に検討する必要もありますし、故人の人脈や生きてきた歴史を踏まえた場合には、その形式の葬式は合わない場合もあることを踏まえておく必要もあるのです。

行事関係の真実

subpage1

密葬と同じようなイメージを抱いている人が多い家族葬ですが、元来、密葬の場合には、火葬をした後、日を改めて本葬が行われます。これに対して、家族葬は火葬するところまでは密葬と同じでも、それだけで一つの葬儀として完結している形態となります。...

more

難しくない行事

subpage2

近年小さなお葬式が注目を集めており、家族葬を選ぶ人が増えてきています。家族葬とは一般のお葬式を家族だけで行うものです。...

more

わかりやすい情報

subpage3

一般葬の場合はどうしても弔問客を意識せざるを得なるので、ある程度の形式に則るということが必要になります。その結果、喪主や施主の意向や予算の腹積もりどおりにはことを運べないということになりがちです。...

more

大人の常識

subpage4

家族葬とは、必ずこうするという明確な定義はありませんが、遺族や故人のごく親しかった友人を中心として、規模を大きくせずに少人数にて行う葬儀のことをいいます。基本的な流れや要素は一般的なお葬式と同様ですが、少人数で行うことによって、故人や遺族の想いを反映させやすいものとなります。...

more